ゴールド免許割引の特権

| 未分類 |

自動車保険を取り扱っている会社では、自動車保険商品に「ゴールド免許割引」と呼ばれる仕組みを設けています。これは、保険期間が始まる時点で、保険がかかっている自動車を主に使用する者(記名被保険者)がゴールド免許保有者(優良運転者)であるか、保険期間の開始日が免許の更新期間と重なっていて、免許の更新により記名被保険者が優良運転者となることが確実である場合に、保険料の割引が受けられるという内容の特権です。適用された場合の割引率は、保険会社や保険商品の契約条件により異なりますが、3~10%の間で設定されていることが多いです。
ここで、この保険料割引制度において疑問となるのは、保険期間中にゴールド免許保有者になった場合や、逆に保険期間中にゴールド免許保有者ではなくなってしまった場合の割引制度の取り扱いです。まず、保険期間中にゴールド免許保有者になったとしても、保険期間の開始時点で優良運転者になっていなければ割引制度の対象にはなりません。逆に、軽微な交通違反をしてしまった結果、保険期間中に優良運転者から一般運転者に戻ってしまった場合でも、保険期間の開始時点で優良運転者だったのであれば、保険期間が満了するまでは割引制度の対象となります。