» 未分類のブログ記事

安全装置の割引

| 未分類 |

自動車保険には毎回支払う保険料が安くなる仕組みがいくつか設けられていますが、安全装置割引もその仕組みの一つです。これは名称からも想像できるように、自動車に所定の条件を満たす安全装置が搭載されていれば保険料の割引が受けられる制度です。この割引制度では、保険をかけている自動車の車種や用途、搭載されている安全装置によって割引が適用される保険や保険料の割引率が異なっています。割引が適用される場合の割引率については、3~10%の間で設定される場合がほとんどです。
割引の対象となる安全装置と対象となる保険について述べると、まず、ABSや横滑り防止装置がついている場合は、対人賠償保険や対物賠償保険、搭乗者傷害保険、人身傷害補償保険などの複数の保険の保険料が割引になります。また、エアバッグや衝突安全ボディが採用されている場合は、搭乗者傷害保険や人身傷害補償保険、自損事故保険などが割引の対象となります。近年は、イモビライザーやGPSなどを利用した盗難車追尾システムなどといった盗難防止装置がついている場合も車両保険の割引対象となっていることがあります。
近年は、自動車に安全装置が搭載されているのはほぼ当たり前となっており、割引の対象となる安全装置を装備していても見積もり書や保険証券に割引項目として記載しない場合も多くなっています。しかし、これは予め保険料に織り込んでいるために記載していないだけであり、保険料を算定する際には必ず割引対象となる安全装置の有無が加味されています。

ゴールド免許割引の特権

| 未分類 |

自動車保険を取り扱っている会社では、自動車保険商品に「ゴールド免許割引」と呼ばれる仕組みを設けています。これは、保険期間が始まる時点で、保険がかかっている自動車を主に使用する者(記名被保険者)がゴールド免許保有者(優良運転者)であるか、保険期間の開始日が免許の更新期間と重なっていて、免許の更新により記名被保険者が優良運転者となることが確実である場合に、保険料の割引が受けられるという内容の特権です。適用された場合の割引率は、保険会社や保険商品の契約条件により異なりますが、3~10%の間で設定されていることが多いです。
ここで、この保険料割引制度において疑問となるのは、保険期間中にゴールド免許保有者になった場合や、逆に保険期間中にゴールド免許保有者ではなくなってしまった場合の割引制度の取り扱いです。まず、保険期間中にゴールド免許保有者になったとしても、保険期間の開始時点で優良運転者になっていなければ割引制度の対象にはなりません。逆に、軽微な交通違反をしてしまった結果、保険期間中に優良運転者から一般運転者に戻ってしまった場合でも、保険期間の開始時点で優良運転者だったのであれば、保険期間が満了するまでは割引制度の対象となります。

gf1120107989wそろそろ自動車保険の満期が近づいている方は、保険料がいつもよりも割引になるチャンスを逃さないようにしましょう。自動車保険にはさまざまな割引制度があります。新規加入時、継続時の割引では、インターネットで見積もり・新規契約をすると割引サービスを受けられるケースが非常に多くなっています。各社割引率はまちまちですが、大変便利なサービスです。ただし、それらの割引がどんな条件のもとで適用になるのかを自らよく確認する必要があります。

新規加入時、または継続時に誰もが利用できるサービスもあります。会社によって呼び方は違いますが、「早期契約割引」「早割」などといった割引サービスは、インターネットだけでなく、電話での見積もり時にも適用できますので、インターネットが得意でない方でも安心です。

この割引制度は、満期日の45日前、2ヶ月前など、決められた期間までに次の契約をするとサービスを受けられるという内容のものです。多くの保険会社ではだいたい約2%〜5%くらいの割引率、またはおおむね1000円程度の割引となっています。

これにインターネット割引等を併用するとぐっと保険料を抑えることができます。利用できる割引は最大限に活用して、自動車保険料を安くしましょう。

 

 

gf1120107985wインターネットの普及は金融機関のサービスを拡充、変貌させました。これは自動車保険も例外ではありません。これまで自動車ディーラーのような保険代理店で半ば言い値で契約していたのが、ネット専業の保険会社も生まれたことで、直接保険会社と契約することができるようになりました。
ネット専業の損害保険会社は店舗を持たないため、その分、価格への反映や商品・サービスの拡大に注力しているのが特徴です。ネット経由での申込みを促進、推進しているので、インターネット経由での申込者にはキャッシュバックされるのも大きな特徴です。但し、このインターネット割引のメリットを享受しようと思うのであれば、いくつかの注意すべき点があります。まずは条件をしっかり確認することです。大抵の自動車保険では、満期前の何か月か前に契約更新することで割引適用されます。つまり割引適用される申込日が満期日前に設定されていることです。つまり満期日直前に申し込んでも割引適用を受けられないことに注意しましょう。また支払はクレジットカード決済が条件となっている会社が多数です。コンビニ決済や現金振込等は割引対象外になっているケースもありますので、注意しましょう。

自動車の保険には、自賠責保険と任意保険があります。
自賠責保険は強制加入で、新車購入や車検の都度に支払いますが、手続きの費用に含まれていて、保険料という認識はあまりありません。そのため、一般に自動車保険という場合は、任意加入の保険を指しています。

 自賠責保険は、交通事故被害者の最低限の補償を目的としており、事故が起きた時の状況や、運転者の過失の度合いで異なる補償額をすべてカバーすることはできません。
 被害者の補償も自賠責だけでは十分ではありませんが、運転者自身や同乗者、車やぶつかったモノなどの対物補償は自賠責の対象ではないため、自動車保険の加入は不可欠です。
 法律上”任意”加入ですが、事故が起きた時の賠償を考えたら、自動車保険に加入していなければ到底支払いは困難です。加入自体よりも、補償額や年齢条件、家族限定など、保険契約の内容は任意なので、条件を絞ることで保険料を抑えることが可能です。

 また自動車保険には等級による割引制度があります。
 新規加入の場合は6等級で増減0からスタートし、事故で保険を利用すると等級が下がり保険料が上乗せされる一方、無事故で継続すれば等級が上がって保険料が安くなる仕組みです。
 継続の際には、等級が正しく適用されているかどうか確認をしましょう。

自動車保険は、いざという時のために大切なものですが、世の中にはいろんなタイプの自動車保険がありすぎて、どれを選んだらいいかわからないという人も多いです。
自動車保険選びで、何万円も違うことがあるので、できるだけ自分にあった自動車保険を選ぶようにしましょう。
自動車に頻繁に乗る人と、休日だけしか乗らない人では、事故にあうリスクは当然頻繁に乗る人の方が多いので、頻繁に自動車に乗る人とあまり乗らない人が、同じ料金だというのは、不公平と思う人も多いです。
なので、保険会社の中には、個人向けの商品にも年間の走行距離を考慮した保険料を設定している会社もあります。
走行距離の区分は、保険会社によって違いますが、3000kmから無制限まで細かく設定している所もあります。
繰越割引制度を採用している所もあり、実際の走行距離が契約走行距離に満たなかった場合、その分を翌年の料金から割り引いてくれます。
予想走行距離で設定するのではなlく、実際に走った分だけの距離で、料金を決めている会社もあります。
年間走行距離が1万キロ未満なら、走った分だけの自動車保険に加入するメリットはありますが、1万キロ以上の場合は、走行距離で料金を変えない方が割安になります。

4967935自動車保険は、自分を守るだけでなく、家族の未来も守るものなので、できるだけ自分にあった自動車保険を選ぶことが大切です。
しかし、休日しか自動車に乗らない人にとっては、高い自動車保険料を払うのはとてももったいないです。
そんな人はできるだけ、自動車に乗らない分割引になるような保険を選ぶことが大事です。
年間走行距離で保険料金を設定している保険会社なら、あまり自動車に乗らない人にはお得かもしれません。
走る長さを予測して、保険会社に申告するのですが、年間どれくらい走るかなどは、なかなか慣れていないと計算しにくいものです。
そういう場合は、自分が乗る予定のルートのおおよその長さを考えながら計算するといいでしょう。
年間走る長さの予想はとても重要で、保険料金が安くなるからといって、走る長さを短く申告すると、事故を起こした場合、保険金が受け取れないこともあります。
また、著しく長さに差がでてしまう場合は、追加料金を請求されるケースもあります。
できるだけ、正しい長さを予想して書くことが大事です。
くりこし割り引きやこえても安心サービスをおこっている会社もあります。
くりこし割引は、走る長さが上限よりも1000km以上少なかった場合、翌年に繰り越し、翌年の保険料から割り引いてくれます。
こえても安心サービスは、走る長さをオーバーしても追加保険料金が不要になるサービスです。

3243618_1自動車保険の中で任意保険については、走行距離や保険の対象をどこまでするのかといった情報を正しく伝える必要があります。こうした申告は正しく行うのが当たり前の話ではありますが、中には間違えて伝えてしまうケースもあります。間違えて申告をしたと思ったのであればその旨を速やかに保険会社担当者に連絡を入れる必要があります。
ただ、走行した距離などは日々少しずつ増えます。そのため、多少の誤差はそれほど問題にはならないと考える方が自然です。なお、極端に違う場合は虚偽申請になってしまい、保険会社から最悪の場合は契約を打ち切られる可能性もありますので、よほど大きな間違いを申告していた場合には速やかにその旨を連絡するように心掛けておくことが大切です。
また、住所地の変更や結婚等により名前の変更があった場合などにも速やかにそのことを連絡する必要があります。
このように、連絡を入れたほうが良いものについては速やかに連絡を入れて、その後の対応をどうすればいいのかをしっかりと確認をする必要があります。特に判断に迷った時には、迅速な連絡が必要不可欠となります。保険会社の担当者の意見と判断を聞いてその上で行動する必要があります。

飛行機03自動車保険の中には、年間走行距離が低ければ割引をしますとうたっているものがあります。しかし、その年間の走行距離はどのようにして誰が決めるものなのでしょうか。
年間の走行距離とは、契約をした日から1年間、どれぐらい契約した車が走行するのかという距離を、予想するものです。そのため、自己申告となっているのです。目安としてのものが、自動車保険の会社のホームページなどで公開されていますので、それらを参考にするのもよいです。また、自分である程度わかっている場合や、新車の状態で1年経過した後で距離メーターを見ればわかる場合は、その走行距離を申告するようにします。しかし、正確な数値はなかなかわかるものではありません。実際に事故が起こった時、保険を使うことになるので、その時に距離メーターを調べられるのです。もちろん、少しぐらい数値が違っていても、問題になることではありません。しかし、著しく違っていた場合は、保険料を追徴される可能性がありますので、注意するようにしましょう。また、完全に偽りの申告を悪意で行っていた場合は、契約破棄される事もあります。そのため、自動車保険の契約時に、走行距離を申告する場合は、正直に行うようにしましょう。