自動車保険に加入する場合、様々な条件を適用させることによって保険料を抑えることができます。たとえば、早期割引やインターネット割引などはよく知られているところです。

割引率は保険会社によって違いますが、たとえば保険が切れる1か月以上前に保険の更新手続きを行った方へ早期割引を設けています。保険会社は、顧客を他の保険会社に持っていかれないように、早期割引によってつなぎとめたいと考えているわけです。

また、インターネット割引はオンラインで新規及び更新の手続きを行うことで適用される割引です。新規・更新に必要な書類を郵送して手続きを行うのに比べて、手続きが簡素化され、その分人件費を抑えることができます。また郵送料も浮かせることできます。その分の費用を割引として顧客に還元するわけです。

また、保険料は走行距離や使用目的によっても大きく変わってきます。年間の走行が1000キロ未満、5000キロ未満、10000キロ未満と小刻みに分け、少なければ少ない人の保険料が割り引かれます。使用目的も仕事で通勤、通学、仕事などで毎日使う場合と、近くのお買い物や週末のレジャーが主な目的である場合、保険料金が違います。つまり、使う頻度や時間が少ないほど安くなるわけです。